チビっ子夏の絵展示〜23日

●携帯サイト「ナビッタ」倫理綱領
1. 広告は、真実を伝えるもので、虚偽や誇大なものであってはならない。
1. 広告は良識あるもので、読者に不利益を与えるものであってはならない。
1. 広告は、関係法規に反するものであってはならない。
1. 広告は、品位を損なうものであってはならない。
1. 広告は、他を中傷したり、名誉を傷つけたりするものであってはならない。

●携帯サイト「ナビッタ+」広告掲載基準総則
【1】広告の掲載権
(株)読売茨城タウンニュース社(以下「本社」)が運営する「ナビッタ+」「ナビッタリアル」に申し込まれた広告掲載の可否決定権は、本社が保有し、提供するサービスを適正に運営するために、広告内容の拒絶、編集、移動、削除などを独自に判断し実行する権利も保有する。

【2】広告の責任の所存
「ナビッタ+」「ナビッタ+リアル」に掲載された広告についての一切の責任は、広告主が負うものとする。

【3】掲載できない広告の内容や表現
● 広告の内容、主体及び目的が不明確なもの
● 本社及び本社発行のよみうりタウンニュースなどの記事を不当に否定、または中傷するもの
● 本社が広告主又は広告の内容を推薦、保証しているかのような表現のもの
● 関係諸法規に違反、または違反の恐れがあるもの
● 他を中傷したり、誹謗する恐れがあるもの
● 虚偽または誤認の恐れがあるもの
● 社会的秩序を乱すような反社会的なものや、青少年の健全な育成を妨げていると思われるもの
● 暴力、脅迫、賭博、麻薬使用、売春などの犯罪を示唆したり、肯定、礼賛するようなもの
● 差別、名誉棄損、プライバシーの侵害となる恐れのあるもの
● 他人の名義の写真、談話及び商標、著作物などを無断で使用したもの
● 非科学的、または迷信に類するもので、閲覧者を迷わせたり、不安を与える恐れがあるもの
● 個人情報の利用、管理などに十分な配慮がなされていないもの
● 性や性描写の取り扱いや表現が露骨で、わいせつなものや、みだらな感情、不快感を与える恐れがあるもの
● 詐欺的なもの、または不良商法とみなされるもの
● 著しく紙面との調和を損なうものや、本社広告掲載基準細則に反するもの、また本社が不適当と判断したもの


▲ナビッタトップ